施工現場の紹介

~ 確かな技術の裏付け ~

安全への取り組み

建築を行う上で一番重要になってくるのは「安全」です。
なぜなら安全でなければ、どんなに優れた技術も素晴らしい建物も意味がなくなってしまうから。
スターツCAMは安全に対して一切の妥協をしません。
現場担当者はもちろんのこと、現場に訪れた設計や営業担当、協力業者など現場に関わるすべての人たちが安全への高い意識を持ち、チェックを行い、現場を管理しています。

毎月19日は「スターツ安全の日」

安全パトロールの様子

十数年前、12月19日にスターツで重大災害が発生しました。その時の想いを忘れないように…毎月19日に現場担当者だけでなく、経験豊富な役職者や他の現場を担当している工事担当者が第三者的視点から安全チェックを行い、危険な箇所をなくす安全パトロールを実施しています。
さらに、社内に安全に特化した専門部署を設立し抜き打ち検査を行ったり、協力業者会との合同パトロールの実施など、「絶対に事故を起こさない現場づくり」を目指しています。

現場での取り組み

現場では毎朝、朝礼を実施します。本日の作業内容における危険予知、共有をして事故を事前に防ぎます。また、安全協議会を定期的に実施しており、協力業者と安全方針や事例を共有したり、安全に対する意識の向上を図っています。
現場では、必ず「安全第一」の作業で進めていきます。

朝礼の様子
安全協議会研修の様子

品質への取り組み

スターツは「建てて終わり」の建築は行いません。そのためお客様に永く喜んでいただける建物を提供できるように、品質に関しても一切の妥協はしません。

検査体制

外部の第三者構造検査機関による品質検査の様子

これまでの経験とノウハウから重点的に管理すべき項目を予めリスト化しておき、工事の進捗にあわせて厳格に品質検査を行う体制としています。
さらに、社内の品質検査専門の検査室や外部の第三者構造検査機関による品質検査を実施しています。(トリプルチェック)
また、各部署の責任者による品質パトロールを毎月実施しています。

自主検査

基礎、屋根・防水などの多くの工種に共通する工事について、それぞれの施工後に現場を担当した作業員が自ら現場を回り、〈自主検査表〉を用いて、入念に仕上がりの確認を行います。

工種検査

自主検査の完了後、現場監督とその上司である部門責任者が検査を行います。施工図面に沿って柱・梁・梁・基礎などが正しく作られているかを厳しくチェックし、合格判定が出るまで次の工程に進めません。

第三者機関/品質検査室による検査

品質にとって最も重要な構造、特に鉄筋工事に関しては第三者検査機関や品質検査を専門とする社内部署「品質検査室」による検査を実施しています。これらの機関、専門部署による検査は、定期的な巡回管理の他、抜き打ち検査を随時行っています。

品質パトロール

上記の①自主検査②工種検査③第三者機関や品質検査室による検査のトリプルチェック体制に加えて、工事部門の各責任者が現場を回り品質の確認を行う品質パトロールを毎月実施しています。

安全・品質管理は当たり前のことですが、決して妥協はしません。
このしっかりした土台があってこそ優れた技術が成り立つのです。