設備の取り組み│設計の取り組み│スターツCAM株式会社

設備の取り組み

より確かな合意形成のために~BIMの導入~

お客様とのより確かな合意形成と、設計・施工工程の効率化を目指して、Building Information Modeling(以下、BIM)を導入しています。BIMは、建築に必要な情報をコンピューター上で一元管理し、仮想空間で図面に基づいた建築のシミュレーションを行う技術です。

スターツではRC物件の80%超でBIMを活用し、設計担当、現場監督、現場の職人など多数の人が関わる設計・施工工程での情報一元化と効率化を進めています。工数計算や細部の納まりの確認をはじめ、BIMの情報を基にアニメーションを作成し、意匠の確認や完成イメージの共有など、お客様へのより分かりやすい説明と合意形成に活用しています。