商品・技術

スターツの設計力や技術力、取り扱っている商品をご紹介します。

鉄骨造・薄板軽量形鋼造

スターツCAMが提供する鉄骨造の建物は、柱と梁を溶接し一体化した「ラーメン構造」を採用し、高い耐震性能を誇ります。また軽量で断熱性と遮音性に優れた「ALCパネル」を外装材として使用し、快適な居住空間を作り出しています。建物の重量が軽いため、地盤が軟弱な場合でも基礎への負担が小さく、地震の際に建物にかかる力も小さくなることが特徴です。
薄板軽量形鋼造は、スチールの強靭さと枠組壁工法の頑丈さというこれまでの工法の良いところを併せもつ建築工法です。溶融亜鉛めっき鋼板の使用により錆や強度のバラツキとは無縁なため、長期間その高い品質を保持します。

鉄骨造

重量鉄骨でしなやかに、強靭に

鉄骨構造の躯体は、重量鉄骨による強靭な柱で構成されています。重量鉄骨造による柱の断面の厚さは9~16mmであり、高い耐久性を確保できます。
鉄骨材の特性は強靭にとんだ靭性で、強さの中にも柔軟性・弾性・粘りを備えた高度な耐震・耐風性能を持つことです。

ALCパネル

屋根、外壁、住戸界壁などには軽量で剛性の極めて高いALCパネルを用いています。ALCパネルとは、コンクリート中に気泡を混入し軽量化を図ったパネルで、建物全重量は鉄筋コンクリート造の約6割に抑えられるため、地震時に建物へかかる負担を軽減することができます。

薄板軽量形鋼造

構造

構造実験の様子

薄板軽量形鋼造の耐力壁

薄板軽量形鋼造

薄板軽量形鋼造は、木造2×4工法に使用される耐力壁と比較した場合約2倍の強度を誇ります。

耐久性

溶融亜鉛めっき鋼板

薄板軽量形鋼造に使用される鋼材は、独自に開発製造された溶融亜鉛めっき鋼板を使用しています。

スチールの表面に傷ができても亜鉛めっきの自己修復性によってスチールを保護します。

溶融亜鉛めっき鋼板の部材

耐火性

薄板軽量形鋼造は、国土交通省大臣認定「1時間耐火構造」。
防火地域といった耐火性能を強く求められる場所でも建築が可能です。

耐火性能に優れたALCパネル

耐火実験の様子

遮音性・断熱性

遮音性

薄板軽量形鋼造では床・外壁に遮音性に優れたALCパネルを使用し、上下階の住戸の界床には上下階の振動を抑えるシステムと吸音材で高い遮音性を実現しています。

また、隣の住戸間の界壁の両側にも吸音材を入れ、遮音性能を高めています。

界床断面の部材

断熱性

薄板軽量形鋼造の外壁に使用されるALCパネルの断熱性はコンクリートパネルの約10倍。
これは、内部に含まれた無数の気泡が熱を伝えにくくするからです。

断熱材で建物を囲み居室の結露を防ぎます

土地オーナー様向け スターツ現場見学会 参加無料 申込受付中 免震構造、デザイナーズマンションなど、特長ある物件を実際にご覧いただけます。

土地活用についてのご相談はこちら!
お電話でのご相談はこちら

0120-84-7910 受付時間  10:00~17:00(水曜定休)

メールでのご相談はこちら

お問い合わせ