商品・技術

スターツの設計力や技術力、取り扱っている商品をご紹介します。

高齢者施設

企画・開発・運営までワンストップでご提供します

急速に高齢化が進む日本において、サービス付き高齢者向け住宅やグループホームなどの高齢者福祉施設の需要は確実に高まっています。土地有効活用の選択肢としても魅力が増す中、スターツCAMは、建物の企画・開発から施設の運営まで一貫してご提供するワンストップ体制で、オーナー様の資産運用をサポートいたします。

フィンランド国営企業と提携

スターツCAMは、日本に先んじて高齢化社会が進んだフィンランドの国営企業FWBCフィンランドOY社と提携しています。フィンランドの優れたノウハウを導入し、良質で魅力ある高齢者福祉施設をご提供しております。

Finnish Wellbeing Center

高齢者福祉施設とは

ご入居の対象となる方の健康状態に応じて、高齢者福祉施設にも様々な種類が存在します。ご所有地の立地条件、地域の年齢人口構成などを加味し、ニーズに応じた最適な施設をご提案します。ここでは、代表的な施設をご紹介いたします。

グループホーム

認知症高齢者が小規模な生活の場で少人数(5~9人)を1単位とした共同住居の形態です。食事の支度や掃除洗濯などをスタッフが利用者とともに共同で行い、1日を普段の家庭生活と同じ環境の中で生活を送ります。そうすることで認知症の進行を穏やかにし、家庭介護の負担を軽減します。

立地条件
最寄駅から徒歩15分以内
(バス便が充実している場合はバス停から徒歩5分以内程度)
建物の規模
延べ床面積約150坪~

サービス付き高齢者向け住宅

高齢者住まい法改正によってできた新しい高齢者向けの賃貸住宅です。安否確認や生活相談といったサービスの提供を義務づけているのが特徴で契約者保護の規定も充実しています。これまであった「高齢者専用住宅(高専賃)」「高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)」「高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)」といった高齢者向けの賃貸住宅は、2011年10月以降、このサービス付き高齢者向け住宅に一本化されます。

建物の規模
延べ床面積400~1000坪程度

介護付き有料老人ホーム

介護保険で決められた基準を満たし、特定施設入居者生活介護に指定された有料老人ホームです。介護や食事等のサービスが付いています。このタイプの施設では、介護サービスの提供が義務付けられており、要介護者3人に対して、ホームの介護スタッフが1人以上の割合で配置されています。

立地条件
最寄駅から徒歩15分以内
(バス便が充実している場合はバス停から徒歩5分以内程度)
建物の規模
延べ床面積600~1200坪程度
定員
60~100名

地域密着によるトータルケア体制~スターツの考え方~

すべてのサービスはすべての利用者の生活の延長線上にあると考えています。住み替えを提案する高齢者専用賃貸住宅、介護相談からケアプランの作成提案を行う居宅介護支援、その後、在宅での生活を支援する訪問介護やデイサービス、そして通い・泊まり・訪問の機能を備えた小規模多機能型施設、認知症高齢者の生活の場グループホーム、自立から重度の要介護まで、入居者の身体状況に幅広く対応する有料老人ホーム。利用者の状況に合わせたサービスを途絶えることなく提供し、慣れ親しんだ環境を変えずに同じ地域で、必要とするサービスが受けられるというのが大きな特徴となっています。

フィンランドの介護ノウハウを導入

史上例を見ないスピードで高齢化の進む日本において、グループホームやデイケアサービスなどの高齢者福祉施設のニーズは確実に高まっており、土地有効活用の選択肢としての魅力も増しています。

スターツCAMでは、進んだフィンランド式の介護を日本に紹介するFWBCフィンランドOY社と提携、スターツグループの一員であるスターツケアサービスと協力しながら、質の高い魅力ある高齢者福祉施設の提供を行っております。

素材を活かしたゆとりの「すまい」 -北欧のミニマリズム精神-

無駄のない必要最小限のデザインこそが美しいとする北欧のミニマリズムの精神。
ミニマルでありながら、有機的で温かみのある空間構成、テクスチャーの組み合わせや配色計画により、生活を楽しめるシンプルでゆとりのある「すまい」を提案します。

コミュニティーを育む仕掛け -プライバシーと社会性の両立-

2階より上層階に計画されるサービス付き高齢者向け住宅においては、各フロアーを独立した個の「すまい」が集まったひとつのコミュニティーとして捉えます。共用廊下やエレベーターホールを個と公の中間領域とし、コモンスペースや共有のリビングを設けることで高齢者が自立しながらもコミュニティーを育み、孤立することなく社会性を持ちながら生活できるような計画となっています。

光の取り扱い -北国の光-

フィンランドのように緯度の高い地域では1年を通して日照時間の差が大きいため、建築計画をする上で、太陽からの自然光の取り入れ方や照明計画を重視します。共用の廊下や、コモンスペースには積極的に自然光を取り入れ、間接照明やスタンド照明を利用したやわらかい照明計画を行います。

変化を感じる「すまい」 -季節の変化・時の移ろいを感じる-

日本には四季があり、この気候風土が日本人の情緒に深く働きかけます。日常生活だけでなくショートステイの場面において、「季節の変化」や「時の移ろい」を感じることのできる環境づくりを行うことが大切と考え、季節の草花を植えた屋上庭園や、ダイニング・コミュニティースペース等、日常的に季節をかんじることができる空間を計画します。

土地オーナー様向け スターツ現場見学会 参加無料 申込受付中 免震構造、デザイナーズマンションなど、特長ある物件を実際にご覧いただけます。

土地活用についてのご相談はこちら!
お電話でのご相談はこちら

0120-84-7910 受付時間  10:00~17:00(水曜定休)

メールでのご相談はこちら

お問い合わせ