商品・技術

スターツの設計力や技術力、取り扱っている商品をご紹介します。

安全への取り組み

建設技術で最も重要なことは「安全」であること。
安全でなければ、どんな優れた技術も成り立ちません。
スターツCAMでは現場担当者はもちろんのこと、設計担当者や営業担当者などの現場を訪れる全社員が安全管理の意識を強く持ち、厳しく現場の安全チェックを行っています。

毎月19日は「スターツ安全の日」

一人の担当者が一つの建設現場を受け持つと、自分では安全に気を配っているつもりでも抜けている箇所が出てくるかもしれません。スターツCAMでは毎月19日を「スターツ安全の日」として、担当の建設現場以外からの工事担当者が第三者的な視点で安全のチェックを行います。
さらに、安全管理専門部署の設置による抜き打ちの巡回管理や、協力業者会との合同パトロールの実施など、「絶対に事故を起こさない現場づくり」を目指し徹底して安全検査を実施しています。

安全大会・安全協議会

スターツCAM社員とスターツCAMの協力業者会(千曲会)が一同に会し、共同で安全大会を4月に、研修会を11月に行い、当期の安全方針を決定し、強化を図っています。また、工事現場ごとに安全協議会を組織し、安全管理を推進しています。特に重大災害となりやすい危険作業については、当該作業の協力業者同席の上、事前検討会を実施します。

安全大会

安全協議会

独自の安全基準・安全方針

現場での危機管理・予防処置方法から協力業者への指示・教育事項など、定常的ではなく独自に細かく規定し、常に改善をしながら安全管理に努めています。建設現場内はもちろんのこと、現場の場外への安全配慮も徹底します。

主な安全方針の項目
  1. 1.

    第三者災害の撲滅

    (1)飛散災害 “0” (2)落下災害 “0” (3)転倒災害 “0”

  2. 2.

    三大災害の撲滅

    (1)墜落災害 “0” (2)重機災害 “0” (3)倒壊災害 “0”

また、大型地震や台風・強風発生時の管理基準を設定し、緊急事態時の対応が迅速かつ徹底して行えるよう整備しています。

新規入場者研修

各現場ごとに、新規の協力業者が入るときに、必ず安全第一で作業を進めていくように、新規入場者研修としてスターツ独自の安全基準・方針や管理方法の教育を徹底しています。

新規入場者研修

協力業者研修

土地オーナー様向け スターツ現場見学会 参加無料 申込受付中 免震構造、デザイナーズマンションなど、特長ある物件を実際にご覧いただけます。

土地活用についてのご相談はこちら!
お電話でのご相談はこちら

0120-84-7910 受付時間  10:00~17:00(水曜定休)

メールでのご相談はこちら

お問い合わせ