[活用方法について]賃貸住宅│[活用方法について]土地活用の選び方│スターツCAM株式会社
活用方法について

賃貸住宅

景気に左右されづらい
安定的な土地活用が実現できます

マンションやアパートなどの賃貸住宅は、土地活用の代表的な手法です。建築による相続税、固定資産税の節税効果が期待でき、景気による賃料変動が少なく、安定的な収入源をとすることが可能な活用方法と言えます。活用期間が長期に渡るため、入居者のニーズをつかんだ建物づくりと堅実な事業計画、入居募集と建物管理の体制が重要なポイントです。

おすすめのケース

相続されて空き家となってしまったご実家や、駐車場として活用されているご所有地は、賃貸住宅とすることでより高い賃料収入を得られます。既にマンションやアパートが建っている場合でも、建物の償却期間や借入の状況によっては、建替えることで節税対策となることがあります。

入居者に選ばれるスターツの賃貸住宅

賃貸住宅の建築は、スターツCAMが最も得意とするところであり、入居者の視点に立った様々なコンセプトの商品をご用意しております。また戸建から木造ツーバイフォーアパート、大規模なRC(鉄筋コンクリート)造マンションまで建築事例も豊富にあり、想定される入居者層、敷地要件の中でお客様のご要望に応えるベストな提案を行える体制を整えております。

地域密着の入居募集・物件管理体制

スターツグループでは、設計・施工・建築を担当するスターツCAMとともに、入居募集はスターツピタットハウスが、建物管理はスターツアメニティーが担当し、お客様の賃貸経営をサポートいたします。
自社グループで募集・管理を行うメリットを活用し、現場で得た入居者のニーズを設計に反映させ、間取りのブラッシュアップや、品質と経済性を両立させた企画型商品の開発に取り組んでいます。