活用方法について

土地活用の選び方

土地活用の目的は、節税対策、安定的な収入、老朽物件の建替えなど、土地活用の目的はお客様により様々です。成功のポイントは、目的を明確にし、ふさわしい活用方法の選ぶことです。

1. 目的と悩みを考える

土地活用の目的や悩みは、相続税対策や遊休地の活用などさまざまです。複数の悩みを抱えていることも多くあり、ご自身にとって何が問題なのか明らかでないこともあります。土地活用を通して何を解決したいのかを考え、優先順位をつけることから検討をはじめましょう。

よくある土地活用の目的と悩みの例

相続対策:資産をなるべく多く残したい / 子どもたちが財産分与で争うのを避けたい

遊休地の活用:相続した土地の固定資産税の負担が重い

建物の老朽化:古くなって空室率の高いアパートを建て替えるかリフォームするか決めかねている

自宅の建替え:自宅を建て替えたいが多額の融資に不安がある

安定収入:定年後に備えて安定した収入を確保したい

事業転換:事業用地を転用して賃貸業をはじめたい

2. 方針を決めて活用方法を検討する

土地活用の目的が明確になったら、いよいよ具体的な方法の検討に入ります。この時、大切なのはご自身のこだわりをよく考えて基本の方針とすることです。
例えば、ご所有地へのこだわりはどの程度でしょうか。先祖代々の土地を売ることに抵抗があるなら、等価交換や資産の組み換えは難しくなります。
また、相続に際して大切なのは、どんなことでしょうか。節税対策よりも大切な子どもたちが財産を巡って争うのを避けたいなら、同じ敷地でも大きな建物を一つ建てるより、賃貸戸建を複数棟建てる方がよりふさわしい活用方法です。
このようにご自身のこだわりを踏まえて方針を立てることで、おのずと採るべき活用方法が決まってきます。

3. スターツが提案する土地活用のバリエーション

スターツでは、お客様のご要望を伺い、目的にふさわしい土地活用を提案するため、豊富な土地活用の手法をそろえています。賃貸住宅の建築はもとより、高齢者施設の建築、運営、ご所有地の売買による資産の組み換えや月極め/時間貸し駐車場など、グループのコンテンツを活用し、最適な土地活用をご提案します。

おすすめのケース:相続税の節税対策をしたい/安定した収入が欲しい

おすすめのケース:借入を抑えて自宅の建替えがしたい/将来、2世帯で暮らす予定がある

おすすめのケース:賃貸住宅の入居に不安がある/駅に近い狭小地や大通り沿い、郊外の広大地などの活用がしたい

おすすめのケース:将来に備えていつでも売却できる土地が必要/立地は良くても建築が難しい土地の活用