土地活用スタートアップ

土地活用フローチャート

ここでは、一般的な賃貸住宅・マンションによる土地活用の流れをご説明します。スターツグループでは、建築、募集、管理をはじめ、土地活用の様々な場面でお客様の課題や悩みを解決するサポート体制を整えています。

  1. 1検討開始/目的を考える
  2. 2市場調査・プランニング
  3. 3事業計画の策定
  4. 4設計(企画・基本・施工図)
  5. 5請負契約・着工
  6. 6募集開始
  7. 7お引渡し~経営スタート

1検討開始/目的を考える

土地活用を成功させるために最も大切なことは、「なんのために土地活用をするのか?」をオーナー様ご自身が良く検討し、目的を明確にすることです。相続対策や資産承継、安定的な収入の確保など土地活用の理由は人それぞれです。次世代に残したいのは土地それとも資産なのか。子どもたちに仲良くいて欲しいのか。あるいは一時的でも大きな金額が必要なのか。目的に応じてベストな手法は変わります。
土地活用と言えば賃貸住宅の建築と経営が一般的ですが、店舗や高齢者施設などの事業用物件、月極や時間貸しの駐車場、売却など、他にも様々な手法があります。
スターツグループは、賃貸住宅の建築の他、ロードサイド店舗の誘致や高齢者施設の運営、資産の組み換えや土地信託など、様々な解決法をご用意し、お客様の土地活用の理由を伺いながら、納得のいく方法をご提案します。

2市場調査・プランニング

活用の目的が明確になり、手法が定まったら市場調査とプランニングに入ります。計画地周辺の賃料相場や近隣の入居動向に基づいて、ターゲットとすべき入居者層を検討します。スターツグループでは、運営する総合不動産店舗ピタットハウスの入居募集の現場でリアルな需要を反映、地域の市場動向を踏まえたプランニングを行っています。想定される入居者に応じた様々な商品もご用意し、入居者の視点に立った提案を行います。

3事業計画の策定

想定される賃料に基づいて、土地活用の事業計画および資金計画を策定します。資金調達のための金融機関との折衝もスターツが行います。必要に応じてスターツ証券や提携税理士による税務診断やアドバイスも行い、お客様が納得いただける事業計画をご提供します。建物管理業務のノウハウを活かした長期修繕計画も特徴です。一括借上げ(サブリース)もご利用可能です。

4設計(企画・基本・施工図)

プランニングと事業計画にご了解をいただけたら、いよいよ建築計画の策定です。お客様のイメージを形にするべく、ご要望を伺いながら設計作業を進めます。スターツでは建築に必要な情報をコンピューター上で一元管理し、仮想空間で建築のシミュレーションを行う最新技術のBuilding Information Modeling(以下、BIM)を導入。意匠の確認や完成イメージの共有など、お客様へのより分かりやすい説明と合意形成に活用しています。

5請負契約・着工

作成した設計図面に基づき、工事請負契約をご締結いただきます。スターツCAMが責任をもって施工いたします。現場の監理は安全を第一に、近隣のご迷惑とならないよう細心の注意をもってあたりますのでご安心ください。

6募集開始

建物の完成前から入居募集は始まります。スターツグループが地域密着で展開する不動産総合店舗「ピタットハウス」が募集業務を行います。店頭およびインターネットでの集客の他、法人企業の寮・社宅管理代行を行うスターツコーポレートサービスをはじめとする独自の経路で入居者を斡旋いたします。

7お引渡し~経営スタート

建物が完成し、お引渡しとともに賃貸経営がスタートします。お引き渡し後のアフターサービスはもちろん、賃貸経営がはじまってからの建物管理業務もスターツグループが責任を持って行います。スターツ信託、証券等による税務サポートなど、安定した土地活用、賃貸経営が行えるよう長期にわたりサポートいたします。