安全・安心の免震技術

スターツ独自の免震技術についてご紹介します。

免震(めんしん)とは

土地活用と地震リスク

2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生し、首都圏では震度5弱を記録しました。
今後も、首都直下型地震など、首都圏では震度6から7に及ぶ巨大地震の発生が予測されています。

地震は土地有効活用の大敵です。
大切な投資資産である建物に被害が生じれば、多額の補修費用が発生し、また補修の間は空室を免れることができません。そして、地震保険では建物への被害全てをカバーすることは不可能です。

※地震保険は主契約(火災保険)の保険金額の30~50%または1棟あたり5000万円のいずれか高い金額が上限となっています。

20年以上の長期に渡る土地有効活用、賃貸経営にとって、地震の発生は避けることのできないリスクと言えるでしょう。
地域の人々の生命と大切な投資資産としての建物を守り、安定的な事業を継続するためにはどうするべきか?
その答えが、「地震の揺れから免れる」最先端の建築技術、免震工法なのです。

免震(めんしん)のしくみ

免震の建物は、建物と基礎との間に、免震装置と呼ばれる緩衝材を組み込んだ特殊な空間を設けることで、地震の揺れが直接建物に伝わることを防止します。
また緻密な構造計算に基づいて、安全性を確保します。

免震装置は、多くの場合、積層ゴム支承と呼ばれる部材を使用します。
さらに、高性能ベアリング支承、電動復帰装置などの小規模物件に特化した免震技術もご用意し、様々な敷地、規模、用途で、免震構造を採用したご提案が可能です。

PDFファイルをごらんいただくには、Adobe Reader(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。

Adobe Readerをダウンロードする別ウィンドウで開きます

土地オーナー様向け スターツ現場見学会 参加無料 申込受付中 免震構造、デザイナーズマンションなど、特長ある物件を実際にご覧いただけます。

土地活用についてのご相談はこちら!
お電話でのご相談はこちら

0120-84-7910 受付時間  10:00~17:00(水曜定休)

メールでのご相談はこちら

お問い合わせ