事例紹介

最新の土地活用事例をご紹介します。

事例9 入居者目線のこだわりで、子育てファミリーのための賃貸マンションで土地活用 入居者と地域の方に喜ばれる物件を目指して、オーナー様のこだわりとスターツのノウハウを結集し、子育て支援賃貸マンションが完成しました。

今回のポイント
  • 子育てファミリー向け住宅のコンセプトに共感して
  • 自分の思い描いた理想の物件が実現できると思って
  • 住む人が帰りたいと思える場所を目指して

POINT きっかけ子育てファミリー向け住宅のコンセプトに共感して

「相続の準備をしなければいけなかったことが土地活用のそもそものきっかけでした」というN様。「必要なことは分かっていましたが、せっかくなら地域に住む方の役に立つ物件にしたいと思い悩み続けた結果、なかなか決断できませんでした」。そんな時、スターツとミキハウスが共同開発したアリア・ソワン・プレミアムの存在を知ったそうです。「自分も小さな子どもを持つ身として、子育て中の若いファミリーのために良い物件を供給するというコンセプトにピンと来るものがありました。」地域の方々に喜んでもらえる物件になると思い、長年悩まれていた計画を進めることを決心されたのです。

POINT スターツを選んだ理由自分の思い描いた理想の物件が実現できると思って

これまで複数の土地活用のご経験があり、「物件に対してのこだわりを持つことが賃貸経営の成功につながる」と話されるN様は、アリア・ソワン・プレミアムのモデルルームを見学された際、細部にわたる設計上の工夫に驚いたそうです。「親子それぞれに気を遣った部屋づくりがされていて感心しました。スターツとミキハウスならではの細かな工夫を見て、これならば良い物件が作れると思いました。そこに自分なりのこだわりを付け加えれば、理想の物件ができると確信しました」。

POINT こだわり住む人が帰りたいと思える場所を目指して



N様が目指したのは「住む人が帰りたいと思える場所」でした。

「部屋を広々と使ってもらえるよう、建具をサイズの大きめにして開放感を演出したり、共用部はLEDの間接照明にしたり、思いついたアイディアはほとんど採用しました」と語るように、N様のアイディアが随所に盛り込まれています。また、その思いは非常の際にも徹底されています。「いざという時、帰れる家がある安心感は何事にも代えられないでしょう。小さいお子さんは家にいることも多いだろうし、子育て中の家族のための物件を作るなら地震に強い免震はぜひ必要だと思いました」。また「入居者だけでなく地域の方々にも喜んでもらえて初めて本当の子育て住宅だと思います。1階は子育てカフェと一時預かりを行うNPO法人さんを誘致しました」というN様。お住まいの方、地域の方、多くの人に喜ばれる物件が完成しました。

この事例に関する商品

子育て支援賃貸住宅~アリア・ソワン・プレミアム

アリア・ソワン・プレミアムは、スターツCAMとミキハウス子育て総研の共同開発商品です。
子育てファミリーのための工夫や設備が充実しています。

関連リンク

土地オーナー様向け スターツ現場見学会 参加無料 申込受付中 免震構造、デザイナーズマンションなど、特長ある物件を実際にご覧いただけます。

土地活用についてのご相談はこちら!
お電話でのご相談はこちら

0120-84-7910 受付時間  10:00~17:00(水曜定休)

メールでのご相談はこちら

お問い合わせ