事例紹介

最新の土地活用事例をご紹介します。

事例1 港北ニュータウン仲町台駅4分、緑豊かな環境に調和する 和風モダンの賃貸住宅で収益力アップ 相続した土地の収益力を高めるため、駐車場の運営から賃貸住宅経営に踏み切りました。

今回のポイント
  • 相続した土地を有効活用したい
  • 要望に真摯かつ柔軟に応える姿勢
  • 和風モダンの外観と外構

POINT きっかけ相続した土地を有効活用したい

「ひと昔前は、一面の緑地だったんです」と、オーナーのN様。港北ニュータウンの開発で、徒歩4分に横浜市営地下鉄ブルーライン仲町台駅ができ、環境は一変。ご実家から相続した土地を月極駐車場にしていましたが、借り上げ賃料の値下げをきっかけに、もっと収益力の高い活用方法を検討することに。「ちょうど兄がビルを計画しており、そのプロジェクトを担当していたスターツさんなら信頼できると思い、相談を持ちかけました」。

POINT スターツを選んだ理由要望に真摯かつ柔軟に応える姿勢

対象敷地はご自宅の隣接地。N様は造園業を営んでいらっしゃることから、外観・外構に強いこだわりがあったそうです。「スターツの担当者は私の要望を熱心に聞いてくれ、お仕着せではないプランを提案してくれました」。そうした姿勢と、品質に対する自信や知識、グループをあげての厳密なチェック体制も信頼の決め手になったそうです。

途中、東日本大震災があり、大変心配されたそうですが、地震に強い地盤であり、入居者募集も、仲町台駅前にあるグループ会社の「ピタットハウス」が全力でサポートする一貫体制が備わっていることから、着工に踏み切りました。竣工後まもなく満室になり、「未だに失敗したと思うところが見つからないのですよ」と、満面の笑顔です。

POINT こだわり和風モダンの外観と外構

「周辺にはハウスメーカーの欧風の賃貸住宅が多いのですが、私は周囲の緑や街並みに調和する、モノトーンの和風モダンの建物にしたいと考えていました」。担当者と毎日のように検討を重ねた結果、瓦屋根に水平線を活かした石張り風の外壁という、希望どおりの和風モダンの建物が実現しました。N様が自ら設計・施工された外構が、建物に一層の品格を与えています。

建物は隣接する自宅の日照を遮らないよう、L字型に配置。「外壁の反射光で、自宅のリビングが以前より明るくなった」という嬉しい誤算も。また、ご家族がひとりずつ内装プランを考え、5パターンの間取りと内装から入居者が選べる形にしています。「好みの住まいを選ぶ楽しみやペットと暮らす喜びも一緒にご提供したい」というN様のこだわりが随所に活かされた賃貸住宅です。

この事例に関する商品

集合住宅

土地活用の代表的な手法は、やはり賃貸マンション・アパートの建築と経営です。
20年以上の長期に渡り、安定的な収入を得ることが可能です。

関連リンク

土地オーナー様向け スターツ現場見学会 参加無料 申込受付中 免震構造、デザイナーズマンションなど、特長ある物件を実際にご覧いただけます。

土地活用についてのご相談はこちら!
お電話でのご相談はこちら

0120-84-7910 受付時間  10:00~17:00(水曜定休)

メールでのご相談はこちら

お問い合わせ