太子堂2丁目計画

1.北面バルコニー面外観
2.住宅エントランス
3.住宅エントランス
4.駐輪場
5.中廊下
6.住宅エントランス
7.バルコニー見上げ

周囲の景観との調和を図った
ハイグレードの賃貸住宅

建築概要

計画名称

太子堂2丁目計画

立地

建設地
東京都世田谷区
立地
東急田園都市線 駅徒歩5分

建物概要

敷地面積 382.06m2
建築面積 259.14m2
延床面積 930.02m2
構造 鉄筋コンクリート造
規模 地上6階
総戸数 1K×19戸 店舗×1区画
竣工 2016年3月

木造密集地域、いわゆる木密地帯と商業地域に挟まれた敷地に計画されました。そのため建物のボリュームに対して裏手の住宅群はスカイラインが著しく低く、圧迫感を与えないよう様々な操作を行いました。ファサードでは高さの印象を弱めるために横ルーバーで表情をつけ、住宅のエントランスには道路から十分な引きをとることで、道路に対する閉塞感を緩和しています。
エントランスや駐輪場の随所には木目調のルーバーを用いて、木造建物の多い地域に寄り添った温かな印象を与えるよう工夫しています。

住宅部分は1Kの間取りですが、賃料水準の高い地域のため、共用部は中廊下とし、グレード感を高めました。中廊下の音が響きやすいという問題については、専有部の洋室と中廊下の間に水廻りを設けることで解決を図っています。
中廊下や住戸内のイメージカラーは各階ごとに全て異なります。入居者に対して幅の広い選択肢を提示し、入居率を高め、安定させる狙いがあります。

設計 スターツCAM株式会社

意匠
岩崎 晃太郎
構造
松永 淳也
設備
松本 邦彦
岩崎 晃太郎
岩崎 晃太郎
(いわさき こうたろう)
2013年~
 スターツCAM株式会社
 設計2部 山岸チーム
2014年~
 設計部 SPD

施工 スターツCAM株式会社

担当
吉田 宗弘
山野井 麻衣

一緒に見ていただきたい事例